トヨタ chr 値引き

chrの値引き相場などの情報を当サイトにまとめています。最新の値引き相場に加えて、chrの総支払額を「100万円」以上安くするための方法の紹介をしています。

chrの最新の値引き相場

chrの値引きの相場は現在『15万円』ほどになっています。

ちなみに、トヨタchrの競合車種である、ホンダヴェゼルの値引き額の相場が現在「20万円」ほど。

chrの今後の値引き額の見通しですが、2017年の年末近くまでは今の水準の値引き額が続くものと思われます。

値引き交渉に頼らずchrを100万円以上安く買う方法

chrは値引き交渉だけがんばっても、まだまだ満足行くような値引き額は引き出せないと思います。

でも実は、私がトヨタディーラーでセールスをしていた頃、お客さんにこっそり教えていたあるサービスを使うことで、値引き交渉に関係なく「100万円」以上、chrの総支払額が安くできる可能性があります。

以下でその方法を詳しく紹介していきたいと思います。

トヨタchrの値引き額よりも下取り価格に注目する

元トヨタのセールスなので言いにくい話ではありますが、ディーラーでの下取り車の査定額は、買取専門店での査定額よりも大幅に安いことが多いです。

そのため、chrを購入する際の下取り車の売却先をディーラーではなく、買取専門店にするだけで、chrの購入総額が大きく変わります。

ディーラーの査定が安い理由については後述しますが、まずはこちらのサイトを見てみてください。

>>かんたん車査定ガイド

買取専門店がディーラーよりも「100万円」以上高い査定額を付けた体験談がいくつか紹介されていたと思います。

上記サイトの体験談もすごいですが、私が知っている実例としても、6年落ちの国産のミニバンが「60万円」、7年乗ったボルボが「100万円」もディーラーより高い査定額で売れたことがあります。

トヨタでchrの値引き交渉する予定の時間の一部を使って、買取業者で下取り車の査定してみるのがおすすめです。

chrのグレード変更やオプション追加も可能に

下取り車が高く売れた分、そのままchrの総支払額を下げるために充当したり、chrを上級グレードに変える、モデリスタやTRDなどのカスタムの費用に充当することもできるはずです。

また、chrの購入を家族に反対されている方にとっては「今乗っている車が高く売れる」ということが、うまく家族を説得するための材料になるかもしれません。

chrを安く買うために買取業者を上手に使う方法

chrを安く購入するための買取業者の使い方について説明します。

まず知っておきたいのは、いつどの買取業者に売却するかによって、下取り車の査定額が買取業者の中でも大きく変わるということです。

業者によっての得意車種の違い、業者が次の転売先を確保できているかなど、実際に査定してもらわないとわからない部分が非常に多いのです。

そのため、1社だけではなく複数の買取業者で査定額を比較しないと、一番高く下取り車を売れる業者を見つけることはできないと考えてください。

chrの総支払額を安くするには一括無料査定が便利

少しでも高く下取り車が売れるように、私がセールス時代に勧めていたのが、ネットでできる「一括無料査定」サービスの利用です。

「一括無料査定」を使えば、複数の買取業者に一括でまとめて査定依頼ができるので、自分の車が一番高く売れる業者を誰でも簡単に見つけることができます。

・一括無料査定を使う一番のメリット

「一括無料査定」を使う一番のメリットは、買取業者が他社との競合を前提に最初から高く査定額を提示してくるところです。

買取業者も競合無しでは、一番良い条件は出してくれません。元々高額な買取業者の査定額をさらに上げるテクニックの一つとしても「一括無料査定」は有効です。

また、自分で複数の業者を訪問するための時間と手間がかからない点も、chrの購入ために動く時間が無いという方には、大きなメリットだと思います。

以下に、査定依頼できる業者の数が多くて、入力フォームへの情報入力が簡単になっている「一括無料査定」サイトをまとめました。

まだまだ値引きの少ないchrの総支払額を安くするために有効活用してみてください。

1位 かんたん車査定ガイド

詳細はこちら

45秒でかんたんに情報入力が完了
・すぐに概算の査定額を画面で確認できます
・サービスを運営する「エイチーム」は東証一部上場企業
・提携している業者は「JADRI(日本自動車流通研究会)」に加盟の車買取査定会社

詳細はこちら

2位 ズバット車買取比較

詳細はこちら

全国150社から厳選された最大10社に査定依頼
・カスタマーセンターがあるので電話相談もできます
・サービス運営の「ウェブクルー」は他にも多数の比較サイトを運営

詳細はこちら

3位 カーセンサー.net簡単ネット査定

詳細はこちら

・サービス運営会社はリクルート
公式サイト内に「車買取・車査定完全ガイド」や「車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54 」が掲載されているので、事前の情報収集にも役立つサイトです

詳細はこちら

・ディーラーの下取り車が安い理由

お客さんは普通、値引き交渉には熱心でも、ディーラーと下取り車の査定額についてまで本気で交渉する方はいません。私がセールスをしている頃も、お客さんから値引き額以上に査定額を交渉する方はいませんでした。

そのため、ディーラーが付けた査定額をそのまま受け入れる方がほとんどなので、あえてディーラー側から高値を付ける理由が無いのです。

・買取業者の査定が高い理由

買取業者の査定が高額になりやすいのは、車を買取した後の転売ルートを複数確保できているからです。オークション、輸出、個人売買など一番高く売れるルートを基準に査定してくれます。

一方、ディーラーでは基本的には自社の中古車店での転売がメインとなり、例えば他メーカーの車、外車、年式の古い車については、中古車店で売りにくいことから、特に査定が安くなりやすい傾向にあります。

chr 販売店

トヨタのchrは、トヨタディーラーの全店で購入できます。

そこで値引き交渉で有効になるのが、「トヨタ」「トヨペット」「カローラ」「ネッツ」すべてでchrの見積もりを取って値引きを比較することです。いわゆる同士競合をさせることで、chrの値引き額の上乗せを狙うようにします。

chrの販売店の「トヨタ」「トヨペット」「カローラ」「ネッツ」は、一見同じトヨタの会社に見えますが、経営資本が違う別会社なので、chr同士での値引きを競わせることができます。

同じchrでも、各社で販売方針が異なり、値引きの限度額にも違いがでるので、一番chrを値引きしてくれる販売店を探すには、このような同士競合が最も有効です。

よく雑誌に掲載されるような、ものすごい値引き額は、その地域で一番値引きができる販売店じゃないと通常出ません。

chr 値引き 競合

chrの値引きの競合相手について。

<ホンダ・ヴェゼル マツダ・CX3 日産・ジューク スバル・XV>

他メーカーとの競合であれば、これらの車種と値引きを競わせる方法もあります。

chrにとっての一番のライバルは「ヴェゼル」になるはずです。コンパクトSUVのカテゴリーで現在一番売れているのがホンダの「ヴェゼル」なので、値引きを競わせる相手としては一番良いと思います。

ただ、基本的には先に書いた、トヨタディーラー同士でchr同士の値引きを競わせる方法が、一番効果的なので他メーカーに本当に迷っている車がある場合以外は、他メーカーとの値引き競合はしなくてもいいかもしれません。

<ハリアー>

トヨタ同士での値引き競合で意外に効果がありそうなのがハリアーです。ハリアーの「GRAND」「ELEGANCE」グレードならば車両本体価格は300万円未満です。

chrとハリアーで総支払額を比べると、ハリアーも値引きが緩くなってきているので近くなると思います。

ハリアーはトヨペットのみで販売されているのですが、トヨペットの中でchrと値引きを比較しても、同じ会社内で違う車で値引き額を比較するだけになって意味が無くなるので、ハリアーと「トヨタ店のchr」、「カローラ店のchr」というように値引きを比較するようにしましょう。

 

 


>>発毛実感率“99.4%”の実績!【AGAスキンクリニック】


 

 

 

© 2017 chr 値引き rss